カマグラゴールドはお酒と飲んで大丈夫!?

カマグラゴールドはお酒と飲んで大丈夫!?

飲酒が習慣にある人は、お酒が入った状態カマグラゴールドを飲んでもいいのかどうか、とても気になると思います。

カマグラゴールドは精力剤やサプリメントとは違い、医薬品であるため、お酒と一緒にのんではダメな気もしますね。

そこで今回はカマグラゴールドを飲んだ時の飲酒について説明していきたいと思います。

お酒でカマグラゴールドの効果がダウン!?

カマグラゴールドとお酒

カマグラゴールドは医薬品です。基本的に薬とお酒を飲み合わせる事はしないですよね。カマグラゴールドも同様で、アルコールが身体に入った状態で摂取するのは好ましくありません。

カマグラとお酒は互いに、血管を拡張させて血流を良くする作用があります。
この二つを一緒に摂取すると、作用が増強して普段よりもお酒のまわりが早くなり、酔いやすくなってしまうのです。

アルコールは脳に影響を及ぼし、神経伝達の機能を低下させます。
性欲による興奮があると、脳から神経伝達を通して勃起の指令が出されますが、アルコールの影響によってペニスへ勃起の指令が伝わりづらくなってしまいます。

EDでなくても酔いによって勃起しづらくなる、射精が遅くなるなど、性機能に影響を及ぼす経験をしている男性も多いでしょう。

カマグラとお酒を組み合わせると、せっかくの効果がアルコールに邪魔され、勃起静楽夏可能性が大いにあります。

血圧低下の恐れも!?

もともと血圧が低めの人は、カマグラとお酒の相乗効果でさらに低血圧を引き起こす場合も。
血圧の低下によるふらつきや転倒でケガをする恐れもあります。

お酒は適量であればリラックス効果が

しかし精神的なストレス(セックスに対する緊張や不安、プレッシャーなど)で起こる心因性EDでは、少量のアルコールはリラックスさせる作用があるため効果的な場合もあります。

どうしてもお酒を飲みたい場合は、普段の量よりもグッと押さえて、酔いすぎないように注意しましょう。

アルコールが抜けるまでの時間を計算してみよう

アルコールの分解時間

飲酒後にカマグラを飲みたい男性は、アルコールが体内から抜ける時間を把握しておき、セックスのタイミングから逆算してお酒を飲みましょう。

体重60~70kgの人が1時間で分解されるアルコールの量は5gとされています。
アルコールに置き換えると、

・ビール500ml缶→ 1/4本
・日本酒→ 1/4合
・ウイスキーダブル→ 1/4杯

ビール500ml缶を1本飲むと、分解するのに3~4時間程かかります。

カマグラは服用から1時間で効果のピークを迎える事を考慮して考えてみましょう。

夜の7時に500mlのビールを飲むと、夜10~11時くらいにアルコールが抜け、そのタイミングでカマグラを服用すると、セックスのベストタイミングは12時頃になります。

お酒も飲み、且つカマグラゴールドの効果も存分に発揮させたいと考える方は、以上のポイントを留意しておきましょう。