カマグラゴールドの安さの秘密に迫る!

カマグラゴールドの安さの秘密に迫る!

カマグラゴールドは通販で購入でき、なおかつ低価格。
バイアグラジェネリックであるため、勃起効果も優れているにも関わらず、バイアグラよりも安いとはどういう事なのでしょうか?
なかにはその安さから
「本当に効果があるのか?」
「安い=偽物なのではないか?」

と疑いの目を向ける人もいるでしょう。

そこで今回はカマグラゴールドの安さの理由に迫っていこうと思います。

カマグラゴールドはバイアグラのコピー版!?

カマグラゴールドとバイアグラ
カマグラゴールドはバイアグラジェネリックと紹介される事が多いですが、厳密にいうとコピー版と言った方が正しいでしょう。
先発薬は認可を受けてから20年程の特許権が与えられます。特許が有効な間は、他の製薬会社は同じ成分による薬を開発・販売ができません。
この特許制度は全世界共通です。
現在バイアグラの特許が切れ、様々な製薬会社からジェネリック薬品が発売されていますが、カマグラゴールドはバイアグラの特許が切れる前に作られた薬であるため、ジェネリックというよりもコピー版という事になります。

インドの特許制度は他の国と違う!?

コピー版という響きに怪しさを感じる人も少なくないでしょう。
とはいえ、これはインドの特殊な特許事情によるものなのです。

医薬品の特許には、物質特許(有効成分)と製法特許(製法の方法)があります。インドでは物質特許がありせん。
他の国であれば特許期限が満了を迎えるまで開発・販売ができない薬があっても、インドの場合は製法特許さえ回避すれば、合法的にジェネリック薬品を作る事ができます。

ジェネリックが安いワケ

ジェネリックが安い理由

ジェネリックが低価格で購入できる理由は、開発コストが先発薬に比べてかからないためです。
先発薬は開発期間が9~17年程、それに伴う人件費や販売までの宣伝費用も含めると数百億円以上かかります。
比較してジェネリックは開発までに3~4年、開発費用も1億円程であるため、先発薬よりも格段にコストを抑えて販売が可能です。
有効成分は同じなので効果は同等ながらも、安く市場に流通させる事ができます。

カマグラゴールドが安いのはインドの物価から!?

現在バイアグラのジェネリックは様々な製薬会社から発売されています。
その中でもインド製のカマグラゴールドは効果はありながらも価格は安いです。
日本のクリニックで処方されるバイアグラジェネリックのシルデナフィル錠は、25mgでも1錠あたりが600円から。
カマグラゴールドは100mgの錠剤で、1錠あたりの価格が400円前後です。
同じジェネリックであるのに、カマグラゴールドが低価格なのはインドの物価が先進国に比べて低いという理由があります。
商品の価格はその国の物価に応じて作られます。日本はインドよりも通貨の価値が高いため、カマグラゴールドが安く手に入るのです。

インドジェネリックは世界の医療を支えています

カマグラゴールドの製薬会社アジャンタファーマ
インドはジェネリックを合法的に製造できるため、ジェネリック薬品の開発がとても盛んです。
そのためジェネリック大国とも呼ばれており、製薬技術も世界トップクラス。

カマグラゴールドのようなED治療薬だけでなく、様々な感染症の治療薬(HIVやマラリア、etc)、抗生剤なども開発しています。

先発薬は高価で手が出せない発展途上国の医療に大きく貢献していて、国境なき医師団の活動になくてはならない存在となっているのがインドジェネリックです。

ED治療にできるだけコストをかけたくないという日本人男性は、低価格かつ高い効果を持つカマグラゴールドに助けられるでしょう。